印刷業界ニュース ニュープリネット

米国・Reindl Printing社 KOMORIの29インチ枚葉インクジェット機導入

2017.10.2

Rick Reindl氏(中央)とその左が小森コーポレーションの持田訓氏

Impremia IS29の前で。Rick Reindl氏(中央)とその左が小森コーポレーションの持田訓氏

Reindl Printing社(米国・ウィスコンシン州)は、デジタル部門の成長をサポートすることを目的に、KOMORIの29インチ枚葉UVインクジェットデジタルプリンティングシステム『Impremia IS29』の導入を決定した。

同社は、オフセット印刷とデジタル印刷の高精度なカラーマッチングを経済的に行える独自の性能を評価し、Impremia IS29を選択。Reindl Printing社の共同オーナーであるRick Reindl氏は「印刷品質が保証されているImpremia IS29によってデジタル部門を拡大することは、私たちにとって非常に重要です。 G7マスタープリンター(米国での標準印刷の認証制度)として、優れた色品質を提供できないものは購入しません。Impremia IS29は、短期的に変動する印刷ニーズを満たすために最適な選択でした」と述べている。