印刷業界ニュース ニュープリネット

DNP 6言語対応のデジタルサイネージで香川県高松市の訪日外国人を支援

2017.10.2

 大日本印刷は、高松兵庫町商店街が9月29日から2022年3月31日まで実施しているインバウンド誘致の実証実験で、DNPが開発した「DNP多言語案内システム」を搭載したデジタルサイネージを設置する。

 同実証実験は、芸術観光をはじめとした瀬戸内エリアの観光拠点に近接した高松兵庫町商店街振興組合が訪日外国人の集客と消費拡大のため、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を活用して地域活性化を図る取り組みで、中小企業庁の「商店街・まちなか集客力向上支援事業」に採択されて実施するもの。
 DNPは一般社団法人おもてなしICT協議会の一員として参画。デジタルサイネージならではの機能を活用して、香川県と高松市が提供する観光情報を配信するなど、瀬戸内を観光する訪日外国人の周辺観光地への回遊や商店街への集客を支援する。
【「DNP多言語案内システム」搭載デジタルサイネージの特徴】
●6つの言語に対応した各種情報が可能
●周辺の観光スポットを簡単に検索
●デジタルパンフレットでの観光情報の提供
●クーポン発券機能
●地域通貨のICカードをかざすと言語を切り替えて表示