印刷業界ニュース ニュープリネット

凸版印刷 北斎幻の大絵馬を牛嶋神社で9月15日から17日まで上映

2017.9.8

凸版印刷株式会社は、最先端デジタル技術を活用し、関東大震災で焼失した葛飾北斎の大絵馬「須佐之男命厄神退治之図(すさのおのみこと やくじん たいじのず)」(以下、大絵馬)を、残された白黒写真から原寸大で推定復元する墨田区のプロジェクトに、2016年に参画した。

同プロジェクトで凸版印刷は、推定復元時のデータを活用し、大絵馬に描かれた世界を読み解くデジタル大絵馬コンテンツを製作。同コンテツは、2017年9月15日から9月17日まで、牛嶋神社(所在地:東京都墨田区)御鎮座1160年大祭を記念して同神社の本殿で開催される上映イベント(主催:すみだ北斎美術館)で初公開される。

デジタル大絵馬

デジタル大絵馬

デジタル大絵馬『スサノオとヤクジン』は、大絵馬とそこに描かれた世界をデジタルで鑑賞できるコンテンツ。牛嶋神社本殿内の、焼失前に大絵馬が掲げられていたと考えられる位置に、4K解像度デジタルプロジェクションを用いて本コンテンツを原寸大で投影。タブレット端末を操作することで、絵がダイナミックに動き出し、作品から着想された世界観を表現する。

また、須佐之男命や厄神をタッチすれば、それぞれの絵に関する解説が表示される。焼失前の様子の再現を鑑賞できるだけでなく、デジタルならではの切り口で、大絵馬の世界を楽しみながらより深く理解できるようになっている。

公開期間中には、凸版印刷の推定復元プロジェクトリーダーが本コンテンツを用いて、トークイベントを実施。大絵馬の推定復元や描かれた世界について解説を行う。

<牛嶋神社御鎮座1160年大祭記念「須佐之男命厄神退治之図」上映イベント>

日時   2017年9月15日(金)~17日(日) 18:00~21:00

      トークイベント 各日 18:30~、19:30~、20:30~ (各回15分程度)

主催  すみだ北斎美術館

会場  牛嶋神社本殿内(東京都墨田区向島1丁目4-5)

料金  無料  ※会場内混雑状況により、入場を制限する場合あり