印刷業界ニュース ニュープリネット

コダック TRENDSETTER/ACHIEVEプレートセッター用のマルチカセットユニット発売

2017.8.29

コダック ジャパン(東京都品川区、藤原浩社長)は9月から、TRENDSETTER/ACHIEVEシリーズ用のオプションとしてマルチカセットユニット(以下MCU)を日本市場で販売開始する。これまで両シリーズにはシングルカセットユニット(以下SCU)モデルがラインアップされていたが、今回新たに加わったMCUにより、刷版生産工程でのさらなる自動化と省力化が強化されると共に、機器の設置スペースに制約が多い日本市場でのニーズに応える省スペース化も実現した。

これまでは高い自動化機能を提供するMCUはMAGNUSシリーズにしか用意されていなかったが、同じプラットフォームを採用しているTRENDSETTER/ACHIEVEシリーズでも、さらに高度な自動化機能を搭載するべく、SCUから得たノウハウをフルに活用しながら、今回TRENDSETTER/ACHIEVEシリーズ用のMCUを開発した。
MAGNUSシリーズのMCUはプレートセッター本体とは別の装置となるため、設置スペースを要していたが、TRNDSETTER/ACHIEVEシリーズ用のMCUは、プレートセッター本体にMCUをビルトインしたことで他のMCUモデルと比べて飛躍的な省スペース化が図れ、設置スペースの制約に悩むことが多い日本市場のニーズへの対応を図った。

【TRNDSETTER/ACHIEVEシリーズ用 MCUの特長】
①A全対応、B2輪転対応の400シリーズ、菊全寸延び対応の800シリーズをラインアップ
②設置スペースを最大65%削減した超コンパクト設計
③最大480版を連続処理できる超高生産性
④電気使用量を最大80%削減した超省エネルギー設計
⑤新開発のWスピードオプションでSONORA XJを毎時68版出力可能な超高速スピード