印刷業界ニュース ニュープリネット

フュージョン DMA国際エコー賞審査員に2名選出

2017.8.8

ダイレクトマーケティングエージェンシーのフュージョンはこのほど、米国DMA(データ&マーケティング協会)が主催する国際エコー賞の審査員に、同社・営業企画部の谷田貝正人氏(エコー賞アンバサダー)と花井優樹氏が選出されたことを発表した。このほか、大広の南信吾氏(大阪ADBU CP局 DBG)と電通ワンダーマンの明石智子氏(ダイレクトソリューション局)、高丹佑寿氏(ダイレクトソリューション2部)の3名が日本のマーケターとして参画する。

世界26ヵ国、総勢240名の審査委員は、最新のマーケティングキャンペーンをこれから審査し、8月の最終審査で受賞作品を決定。授賞作品は10月8日、米国ニューオリンズで開催されるDMAの年次大会「&Then17」で発表される。

【DMA国際エコー賞】
米国ニューヨークに本部を置くDMA(データ&マーケティング協会)が主催する世界的なダイレクトレスポンスのコンペティション。1929年以来、今年で88年という長い歴史を誇る世界的権威があるマーケティングアワード。エコーは「こだま」を意味し、マーケター側から発信されたメッセージに対してターゲットから何らかのレスポンスが戻るという、双方向性を示している。