印刷業界ニュース ニュープリネット

ウイル・コーポレーション 5,600パターンのフルバリアブルの応援ボードをドラ・ガールに配布

2017.7.20

mainウイル・コーポレーションは、日本HPのインクジェットデジタル印刷機を活用し、プロ野球中日ドラゴンズの「GIRLSシリーズ2017」においてイベントグッズを手掛けた。
6月16日から18日に開催された日本生命セ・パ交流戦(対埼玉西武ライオンズ)では、本拠地のナゴヤドームで「GIRLS SERIES 2017」と銘打ち、ドラゴンズファンの女性を対象にした様々な催しが行われた。その一環として6月16・17日の2日間、フルバリアブル印刷の能力を駆使し、両日で先着合計5万名の来場者に、紙製の「D-LOVE(ハート)応援ボード」を配布した。

「D-LOVE(ハート)応援ボード」は、「森監督+支配下全選手」69種類のユニホームをモチーフにした表面をデザインし、裏面に全81種類の応援女子メッセージを印刷。総計約5,600パターンをさらにデジタル技術で5万部5万種類に刷り分けて配布した。