印刷業界ニュース ニュープリネット

大日本印刷 パリ市立ヨーロッパ写真館に日本の現代写真家作品を寄贈

2017.6.29

dnp4大日本印刷はパリ市立ヨーロッパ写真館(Maison Europeenne de la Photographie、以下:「MEP」)に、1994年から2006年にかけて都合11回にわたり、第2次世界大戦以降の日本の写真家の作品を集めた「DNP寄贈コレクション」を寄贈した。大日本印刷としてフランスでの文化活動の最初の事例で、寄贈した作品は21作家・540点にのぼる。

今回、MEPがそれらの作品の中から約350作品をセレクトし、2017年6月28日(水)から8月27日(日)まで2か月間にわたる大規模な展覧会を開催する。総体的なかたちで日本を代表する写真家の1945年から2000年までの写真をパリで公開するのは1980年代以降初めてとなる。