印刷業界ニュース ニュープリネット

テシコン 新ハンディ型分光濃度計「スペクトロデンスニュージェネレーション発表

2017.5.26

techkonTECHKON GmbH(ドイツ)は、ハンディ型分光濃度計 「スペクトロデンスニュージェネレーション」を開発し、発表した。

新製品は将来を見据え内部分解能3nmの回折格子を採用し、測定精度を大幅に向上させた。ISO13655 照明条件M0、M1、M2、M3 に標準で対応するとともに、表示部のカラーLCD も大型化して、さらに操作性が向上した。

注目はスキャン測定機能で、オプション無しに付属のタイヤを用い「スペクトロデンス ニュージェネレーション」をそのままスライドさせ、最大110cm までのスキャン測定に対応した点。また、カラーライブラリーの保存数も25,000 色まで拡張した。

充電には非接触の充電器を採用。充電池もリチウムフェライト(LiFePO4)バッテリーを採用し従来比約10 倍の充電回数が可能となった。

モデルは「ベーシック」、「アドバンスド」、「プレミアム」の3タイプ

国内ではTECHKON 製品の国内総販売元であるテシコンが6月1日から販売を開始する。価格はオープンプライス。