印刷業界ニュース ニュープリネット

Ferture特集記事

【技術】ホリゾン
デジタル印刷対応の製本システム
Smart Binding System、StitchLiner6000 Digital

main

2020.5.21

Smart Binding System

Smart Binding System

ホリゾンは多品種・小ロット、バリアブルに対応したデジタル印刷対応の製本機器をラインアップしている。

 

デジタル印刷向け書籍製本システム

Smart Binding System

 

『Smart Binding System』は、ロール紙に対応し、仕上がりサイズに合わせた効率的な面付けに対応できる中小ロット向け製本システムから、オフセット印刷とデジタル印刷の両方の後加工を可能にした製本システムまで、少量生産から多量生産まで業務に合わせた機器構成が可能となっている。

製本形態はシートカットではなく折り面付け。同時に複数のジョブが進行することなく、1ジョブ毎に進行するのでジョブの管理が容易。また、折ることで紙の扱いが容易になり、作業効率が上がる。

1冊ずつ異なるサイズの製本を可能にしたのがバリアブル断裁。セット替えに時間のかかる紙折機をできるだけ変更せず、同じ折形、折り寸法のブックブロックから、本ごとにユニークコードを読み取ることで、毎回異なる仕上げサイズで断裁が可能。サーボモータによる瞬時のセット替えがバリアブル断裁を実現した。

集積部ではシートの進行順、製本機の投入部では本身と表紙の整合をチェックする。ジョブの整合性チェックはバーコードリーダーにより行う。

製本のワークフローシステムpXnetではプリプレス工程と連携することが可能。製本機器のプリセット情報や生産数等の情報が入ったJDFを受けとることができ、pXnetをホストに各機器をオートマチックに稼働させる。

 

デジタル印刷向け中綴じ製本システム

StitchLiner6000 Digital

 

StitchLiner6000 Digital

StitchLiner6000 Digital

『StitchLiner6000 Digital』は時間6,000冊(冊子の条件による)の処理速度を持つ中綴じ製本システム。上流であるロール紙の巻き出しスピードを落とさずに、効率的な生産が可能となっている。

製造工程はまず丁合物を正確に位置決めし、筋を入れ、用紙搬送中に筋に合わせて折り加工を施す。次に天地方向に突き揃えした後、ステッチヘッドのセンタリング機構で位置決めしてステッチ。これによりバラツキなく確実に綴じることができる。最後は三方断裁:高精度な自動セッティング機能と送り機構によって、冊子の三方を確実に位置決めし、断裁。厚物製本も高品質な仕上がりとなる。

ページ数や内容が毎回異なるバリアブル製本にも対応。インライン処理するため、ヒューマンエラーが少なく、シートの整合性が保たれる。また、表紙給紙装置CF-30Sからは別刷りの用紙を5枚まで、表紙として挿入することができ、多様なニーズに対応可能。カラータッチパネルからの直感的な操作によって、オペレーターに特別な経験がなくても、システムの操作や各部を設定することができる。