印刷業界ニュース ニュープリネット

Ferture特集記事

【drupa2016】コニカミノルタ
インクジェットの新ブランド「Accurio」を発表
商業印刷からラベル・パッケージまで

main

2016.8.9

コニカミノルタは、「We enable your business and your customer’s business」(お客様のビジネスを実現する信頼できるパートナーとなる)をテーマにdrupa 2016に出展し、電子写真、インクジェットの両面からデジタル印刷システムを提案した。出展規模は過去最大の2,400㎡。

 

新ブランド

 

今回のdrupaでは新ブランド「Accurio(アキュリオ)」を発表。Accurioは、「Advanced(先進)」「Automated(自動)」「Accurate(正確)」の3つの意味を含む造語。シームレスで効率的なワークフローと、高い生産性の確保、安定した品質の担保、クライアントのマーケティング活動の幅を広げる新たな付加価値提案に対し、最適なソリューションを提供しようとする同社の考えが込められている。

drupa2016では、新ブランドの製品として、29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet KM-1」と、クラウドベースのWebカラーマネージメントソリューション「AccurioPro CloudEye」、ワークフローインテグレーションシステム「AccurioPro Conductor」を出展した。

AccurioJet KM-1は、小森コーポレーションと共同開発した29インチ枚葉UVインクジェット印刷機。アート・コート・上質紙だけでなく、エンボス紙やパッケージ用厚紙など、多様な印刷用紙にそのまま印刷が可能である。

最大用紙サイズは585×750㎜とB2判よりもやや大きいサイズ。観音開きカタログやレターヘッドのある紙の6面付けなどでアプリケーションが広がる。両面印刷が可能で、3,000枚/時の高速出力と自動両面印刷機能による高い生産性を実現する。用紙厚は0.06~0.6㎜(片面)、0.06~0.45㎜(両面)。会場ではMGI社製「JETVARNISH」と組み合わせた高付加価値印刷物の作成プロセスを紹介した。

 

ラベル・パッケージ

 

ラベル・パッケージのは買い手に企業やブランドのパーソナリティーを伝え、より積極的に商品を選択してもらうための重要なアイテム。これらを安定した印刷品質と短納期、さらにデジタル印刷ならではの付加価値を付与して提供できれば、マーケティングの幅は大きく広がる。コニカミノルタブースのラベル・パッケージ印刷コーナーは、これらのニーズに対し、的確なソリューションを提供した。

本格的なフルカラーラベルを高速印刷できるデジタルラベル印刷機「bizhub PRESS C71cf」はロール給紙タイプの電子写真方式プリンターで、プリント解像度1,200×1,200dpi、256階調の高画質で出力する。また、中間調や高濃度域の画像安定化技術によって豊かな階調表現を可能にするとともに、補正用パッチをIDCセンサーで検知し自動で微調整を行う「自動画像安定化制御」によって色再現の安定している。

印刷速度は、紙種ごとに最適な速度に自動設定され、より安定した印刷を実現した。出力速度は標準的なタック紙(粘着紙)で毎分13.5m。ロール紙に印刷するため、最長1,195㎜の長尺連続印刷も可能。これにより横断幕や垂れ幕、パノラマ写真の印刷などに対応でき、新たなビジネスの開拓が見込める。

ブースでは箔押しやニスコーティングに長い経験と知見を有するMGI社の「JETvarnish」を組み合わせ、ショートラン、短納期に対応した高付加価値で高品質なラベルの生産を紹介した。

紙器パッケージ向けB1インクジェットデジタル印刷機「KM-C」

紙器パッケージ向けB1インクジェットデジタル印刷機「KM-C」

パッケージ関連では、技術展示ながら「AccurioJet KM-1」で構築したインクジェットデジタル印刷技術の次の展開として、紙器パッケージ向けB1インクジェットデジタル印刷機「KM-C」が発表された。最大用紙サイズは760×1,060㎜。0.3~1.2㎜までの幅広い用紙厚に対応し、各種化粧箱、薄段ボールに高画質で印刷する。紙送りは直線的で、用紙への負担が少ない。

 

ソリューション・サービス

 

「AccurioPro」は、印刷現場の自動化の促進による業務効率の改善、納期短縮、品質管理といった様々な課題を解決するために、コニカミノルタが提供するデジタルソリューション&サービス群のブランド名。今回は、複数拠点にまたがる印刷出力をクラウド上で一元管理する「AccurioPro Cloud Eye」と、複数の印刷機のオペレーションを効率的に運用する「AccurioPro Conductor」の2つの連携ソフトウェアを紹介した。

また、ブースでは技術展示ながら印刷から丁合、封入までをワンパスで可能にする「MAGIC CUBE」も注目を集めた。送付する内容物(カード)を棚にスタックし、デジタル印刷システムbizhub PRESS C1070で宛名など必要な印刷物をバリアブルで印刷した後、発送先に合わせて必要な内容物(カード)と印刷物を自動的に丁合し、封入する。パーソナライズメーリングシステムといえる。

このほか会場ではコニカミノルタの産業用インクジェットヘッドも紹介された。溶剤系、UV系、水系の3タイプがパネルで説明された。

欧州 EDP Award2016

コニカミノルタがdrupa2016に出展したインクジェットデジタル印刷機「AccurioJet KM-1」とデジタル印刷システム「bizhub PRESS C71hc」が、欧州の「EDP Award 2016」を受賞した。

EDP(European Digital Press Association)は、欧州の印刷専門誌によって構成される組織で、毎年デジタル印刷関連の製品や技術を評価する。部門毎にその年の最高の評価を得た対象に与えられるのが「EDP award」で、6月1日、drupa2016の会場で授賞式が行われた。