印刷業界ニュース ニュープリネット

Ferture特集記事

【製本・加工】興雄社
天のり、平綴、中綴、クロス巻、カレンダー製本
CCDカメラ、画像検査装置、バーコードで品質保証

main

2020.5.21

 

高品質・堅実性で差別化

 

横長カレンダー製本の渡辺通商タンザックPC920BK

横長カレンダー製本の渡辺通商タンザックPC920BK

東京都葛飾区の有限会社興雄社は、天のり製本、平綴じ、クロス巻、カレンダー製本、和紙綴じ、折加工の端物に特化した製本需要を伸ばしている。

興雄社は1960年に創業以来、最終製品の製本を担う『品質の堅実性』を一貫して追求してきた。「前工程(印刷)のミスも逃がさない品質管理システムを構築しています。CCDカメラ画像検査装置、バーコード管理により丁合工程の乱丁、落丁防止を行い、万に一つの不良を出さない徹底した検査体制を敷いています。特に丁合工程はバーコードを使っていますからミスは出ません。高品質は技術やシステムに裏打ちされたものでなくてはなりません」と佐藤要介社長は語る。

環境問題にも早くから対応してきた。企業イメージや女性、環境にやさしい社会環境に配慮した製品が冊子や印刷物に求められてきた。金具を使わない渡辺通商の紙製タンザクで綴じるカレンダー製本『タンザック』は、約20年前に同社が全国で初めて導入した。同社は「カレンダーと天のり製本、平綴じ、マーブル・クロス巻、中綴じ製本の全てに『品質の堅実性、見栄えがする高品質』で差別化し価格競争はしない」と高品質を一貫して追求している。

 

ペラ入紙装置で

中綴じ製本市場を開拓

 

昨年からは中綴じ市場への取り組みを開始して受注を伸ばしている。ペラ丁合鞍掛中綴じ製本システムのホリゾンStitchLiner6000とペラ入紙装置IM-30を接続したシステムは三方断裁、穴あけ、端数ページの入紙をワンパスで行い、自動化により生産性が飛躍的に向上した。中綴じ機のSPF200は平綴機として使うことで、製本のバリエーションを広げた。また大サイズ対応の端物製本にも対応。四六全判全自動折機ホリゾンAFC-746Fにより四六全判の地図や図面など全判紙の製本に対応している。

 

独自のノウハウを持つ

天のり製本とカレンダー製本

 

バーコード管理のカレンダーBC丁合機

バーコード管理のカレンダーBC丁合機

興雄社は天のり製本とカレンダー製本で独自のノウハウと技術を持ち、処理能力と品質から「カレンダー製本の選択肢は興雄社から」といわれるほどカレンダー製本で高い技術力が評価されている。

1994年に渡辺通商のタンザック製本機を導入し「短冊フィーダーで追積」など同社独自の技術により「タンザック製本なら興雄社」という評価を得ている。

現在、カレンダー製本は、A2-15段丁合機とタンザック520連動機(バーコード管理)が1台、B2-8段丁合機とタンザック520連動機(バーコード管理)1台。さらに昨年8月に導入したタンザック620は車や船、バイク、飛行機など横長のカレンダーに対応するための同社だけの特注機となっている。カレンダー丁合機は渡辺通商のBC丁合機B2-15が稼働。タンザックの丁合機排出部には乱丁や落丁を防ぐバーコードスキャナ装置を設置し、「品質の堅実性」を実現している。

日めくりカレンダーや切り取り可能のメモなど、ページ一枚一枚を剥がす天のり加工は同社の長年のノウハウと技術が活かされている。メモ帳・伝票・便箋(びんせん)など顧客の多様な要望に応えている。例えばPP加工された表紙への天のり加工は、PPフィルムにクロスが接着するボンドタイプの糊を使用しており、大手宅配運送会社のメモ帳に採用されている。またマイクロミシンを使ったメモ帳は同社の技術とノウハウが活かされている。

 

天糊・平綴じ・クロス巻の

税金徴収製本

 

天糊、全自動クロス巻、ペラ丁合機の製本システムは、国や地方の税金徴収票の製本で活用されている。「全品検査が必要な製品で、同社に毎年発注が来ている。佐藤社長は「品質に対する信頼と大量物に対応できる生産システムが評価された」と述べ、クロス巻製本、平綴じ製本の技術が高く評価されたという。

今後の方向について佐藤社長は「カレンダーと天のり製本は技術とノウハウをさらに高める。またペラ丁合の品質管理をバーコードやCCDカメラ、平綴じ和紙綴じの環境対応製本、小ロットの平綴じ、中綴じの新規市場を開拓したい」と述べている。