印刷業界ニュース ニュープリネット

Ferture特集記事

【インタビュー】トヨテック
多品種・小ロット化が進む製本市場
最適生産・最適価格を実現する自動化へ

main

2020.5.21

株式会社トヨテックは、プリンターメーカーとして創業し、その後はプリンターの後加工機の設計・製造・販売・保守を行っている。この度、小~中ロット・多品種向け全自動製本機「mitablock PRO」を発売した。現在の製本ニーズについて同社営業部長の豊田啓氏に話を伺った。

 

変化する製本市場

 

180度開くレイフラットの製本

180度開くレイフラットの製本

トヨテックは、スキャンやコーティング、製本、箔押し、カッティング、クリーニング、圧着、梱包にいたるまで、プリント前後の加工、梱包までの製品を提供している機械メーカーです。中でも、製本に関しては、学校アルバム、ウエディングアルバム、フォトブックの3つがメインマーケットになります。手作業で一冊ずつ制作するエントリーモデルから、全自動のシステムまで販売しています。

プリントだけで成り立っていた印刷市場が、それだけではビジネスとして成り立たなくなり、“ブック”の形に商品化する事が数年前から定着しました。つまり印刷後の加工が肝となるフェーズへとシフトしてきたといえます。

製本加工には糸かがりやホチキス製本など様々あり、製本内容により製本料金も変わります。トヨテックでは、様々ある製本加工の中から2つの製本加工に力を入れています。一つは、EVA/PURのホットメルトを使った無線綴じです。もう一つがレイフラット、あるいは合紙製本といわれる、180度ページを開くことができるものです。

最近では、製本全体のパイが小さくなっているといわれますが、その中でも、無線綴じとレイフラット製本の市場は増加傾向にあるということが背景にあります。昔ながらの製本では価格を維持することが難しく、取り組む会社自体も減っているようです。しかし、レイフラットのような付加価値の高い製本市場は、価格が落ちにくく、市場が常にあるのが特長です。そのため、こうした付加価値の高い製本に取り組もうという会社が増えているのではないでしょうか。

アルバム市場の動きをみると、学校アルバムなどは少子化に伴い、部数が減少しています。かつて1学年に200人を超える生徒が当たり前だった時代もありますが、現在は50人に満たない、地域によっては1学年が10人前後という学校もあります。そうなると従来の大量処理型に適したシステムでは、準備と片付が負担になります。糊などの資材も無駄になってしまいます。大量処理できるシステムでは、現在の市場に合わなくなってきているのが実態です。

ですから、生産システムも小回りが利き、少部数に適切なものが必要です。特に、サイズ替えが簡単にできたり、用紙の種類を変えても処理できるなどの要望が高まっています。

また、1冊毎に作成する手製本機も提供しています。しかし、こうしたシステムは人手に依るものなので、人員確保や作業時間が掛かることが課題です。より効率的に作業を進めるためにも、自動化のニーズが高まっていました。こうした声を背景に販売を始めたのが全自動製本を可能にするHPBシリーズやmitaシリーズなのです。

 

効率化システムの普及

 

自動機にもトレンドがあり、自動化の範囲も進化しています。しかし、加工機の自動化やシステム化といった動きは、まだまだこれからという印象です。自動化によりスムーズに仕事が流れる環境づくりは、印刷機の取り組みに比べて出遅れている部分があります。だからこそ自動化のシステムを導入し、作業を効率化し、労働生産性を上げていこうというニーズが出てきているのだと思います。

社会的にも少子化や労働コストの向上など、人材活用に関する様々な課題が浮上しており、多くの人手で処理することが難しくなっています。特に今年は新型コロナウイルスの問題もあり、人的リソースを減らしても稼働できる体制の構築が必要であることが業界の課題として突き付けられたといえます。

今後は、機械で出来ることは機械で行い、受注から生産までの工程を一気通貫で処理できるのであれば整備していきたいというニーズが増えていくのではないでしょうか。

トヨテックが提供するmitaシリーズは少人数で、簡単に上製本ができるソリューションです。ワンオペレーションで操作も簡単なうえ、熟練者が不在でも作成できる自動機能がついています。こうしたシステムのラインアップが充実してくることで、省力化を目的に、設備投資を考える企業が増えてくるのではないかと感じます。

今回、mitaシリーズの新製品として、自動でレイフラット製本がつくれるシステム「mitablock PRO」が登場しました。これによりハードカバー製作機mitacase、ホットメルト式合本機mitabookと各工程ごとに全自動システムが揃い、多品種・小ロット化が進む製本市場に向けて無駄なく作成できる環境が整いました。

ネット印刷の業界でも顧客の目が肥えてきているので、価格に加えて、高品質で短納期な生産ラインが求められてきます。そうなると自動化は欠かせない要素になります。加えて、フォトブックについても、物の付属品としてフォトブックをつけるというギフトとしての提案も増えています。つまり、従来のような定型サイズのフォトブックではなく、ギフトにあった新しいサイズや質感が求められています。

トヨテックでは、どのような製品づくりをしたいかヒアリングし、そこに最適な後加工システムを提案しています。今後も様々な企業の悩みを積極的に聞いて、そこに合ったソリューションを提供していきます。